会 則


第1条(会の名称など)

1-1.本会の名称は “北海道 肺がん患者と家族の会” と称する。

1-2.本会の事務所は札幌市内に置く。

第2条(会の目的)

2-1. 本会は、肺がん患者本人・その家族や遺族・治療に関わる医療者などが共に集い、

語り合い、肺がん、及びその治療に関する情報を学び合いながら、孤立しがちな患

者とその家族などが、肺がんに立ち向かう勇気と、その治療への前向きな希望を見

つけ出す機会を提供することを主たる目的とする。

2-2. 本会は、医療関係者や行政と共に協力し、肺がんと向き合う人たちが抱える問題を

理解してその生活を支える北海道の社会風土作りや支援に取組む。

2-3. 本会は、同様の目的を持つ他の団体と連携し、肺がんの予防や検診などの啓発活動

に参加し、北海道の肺がん患者の減少に寄与するよう努力する。

第3条 (会の事業)

本会は会則第2条に定める 会の目的を達成するために以下の事業などを行う。

3-1.肺がんの患者・家族(遺族を含む)、および支援者や医療関係者が集い交流や勉強

を行う定例会の開催。

3-2. 情報発信。

3-3. 肺がんに関する予防啓発活動。

3-4. その他、本会の目的に沿った事業。

第4条(会員)

4-1. 本会の会員は、本会の目的に賛同して入会を希望する患者本人、その家族や遺族と

する。

4-2.営利、任意の健康食品・医薬品等の販売、政治的思想・宗教への勧誘等を目的とし

   ている団体または個人は入会できない。

4-3.入退会は会員の自由な意思によりなされ、事前に会長に届け出るものとする。

第5条(会の役員)

5-1. 本会に次の役員をおく。

代表 1名   副代表 2名   会計 1名   監事 1名

5-2.役員は正会員の中から選出する。

5-3.役員の任期は毎年4月1 日から、翌年3月31日までの1年とする。ただし役員の

再任は妨げない。

5-4.役員は次の職務を行う。

会長は、本会を代表し会を総括する。

副会長は、会長を補佐し会長に支障があるときはその職務を代行する。

会計は、会の運営および事業についての会計処理を行う。

監事は、本会会計の執行状況を監査する。

第6条(役員会)

6-1.役員会は、付議すべき事項等について必要があるとき開催することができる。

第7条(総会)

7-1 本会の総会は年1回とし、必要に応じ臨時総会を開くことができる。

7-2 総会は代表が召集する。

7-3 次に掲げる事項は通常総会に付議する。

役員の選出、事業計画及び予算の承認、収支決算の承認、会則の変更、その他役員

会の付議した事項。

第8条(会費)

8-1. 本会の活動経費は会員の会費等及び寄付金その他の収支をもってこれに充てる。

8-2.会員は別途定める年会費を納める。

8-3. 本会会計年度は、毎年4月1 日から、翌年3月31日までとする。

第9条(会則変更)

本会則の変更は総会の承認を必要とする。

(附則)

この会則は、平成29年5月17日より適用施行する。

この会則は、平成29年7月 5日より一部改定施行する。

この会則は、平成30年5月16日より一部改定施行する。

(会費)

会員は年1000円の年会費を納める。

年度途中で退会した場合は返金しないものとする。